大武川(おおむかわ) ~釜無川の支流、魚影濃く尺イワナの実績も高い人気河川~

大武川(おおむかわ)の紹介

釜無川の一大支流です。釜無川の右岸側(南アルプス側)の支流の例にもれず、堰堤が多くあります。この川の特徴は落差の小さい堰堤が短い区間で連続していることでしょうか。堰堤の高さはこんな感じです(下の写真)。堰堤と堰堤の間で区切って入渓することになります。


○大武川の管轄は峡北漁協(0551-27-2580)となります
 遊漁期間:3月1日~9月30日
 遊漁券 :日釣800円(現場売り1200円) 年券4000円


下の写真は「大武川河川公園 フレンドパークむかわ http://www.kaidouraku.net/ の近くの橋からの写真です。

開けた渓相で段差も少なく、フライフィッシング向きだと思います。

下の写真は「大武川河川公園」の横の流れです。

堰堤と護岸ばかりの川なので気分的にはイマイチですが、護岸や石の際を丹念に流すと良い反応があると思います。

堰堤の高巻きもそれほど苦労しなくて済みます。

下の写真は「むかわキャンプ場」の上流側にある大堰堤です。

この堰堤より上流は谷が深くなり、入渓点が限られてきます(下の写真)。

川沿いに林道が通っていますが石が多いので、車高の高い4WD車でないと厳しいかもしれません。この堰堤より上流では傾斜がきつくなります。また、クマの目撃情報もあるようなので、万全の準備で臨むようにしたいものです。ですが、釣り人も多くないので、歩いた距離に比例して釣果も上がる川です。
ルアーマンの知人は大堰堤より上流域に絞って釣行していて、尺イワナを数多く釣っているようです。

大武川沿いにはいくつかのキャンプ場がありますので、宿泊しての釣りも良いと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク