忍野釣行 2019.09.30 今シーズンのラスト釣行 何とかボーズはまぬがれました

今シーズンのラスト釣行は忍野で、出勤前のちょい釣りでした

9月30日、今シーズンも最後です。今日は休みが取れなかったので、いつものように忍野で出勤前のちょい釣りで締めくくることにしました。できれば、どこかの渓流へ出向きたかったのですが、今年も一番多く足を運んだ忍野でラスト釣行です。

7時くらいに駐車場に到着すると、すでに2/3くらい埋まっています。多くの方が忍野で今シーズンを締めくくるようです。

自衛隊橋の上流側、下流側ともに何人かの方が入っていました。橋の上からのぞいたところ、ライズは見当たりません。川岸に近づいてみましたが、いつもよりもライズが少なく、シブそうな感じです。やはり、シーズン最後、週明け月曜日となると厳しそうです。

S字で今シーズン最後のトライ

入ったポイントは今年一番多く魚を釣ったS字の下流部にしました。やはり、S字にも多くの人が入っていましたが、いつものポイントは空いていたのでほっと、一安心。

魚はたくさん見えているのですが、ほとんどがニジマス。8月以降、ニジマスの放流数が多くなったようで、ヤマメの姿がほとんど見当たりません。残念。

今日のフライは、先週、友人が来た時に反応が良かったと言っていたブラックのパラシュートを結んでみます。

ライスしている魚を狙って流し込んでみますが、反応はイマイチ。時々、興味を持って見に来るもののヒットには至らず・・・・

ここからは、手を変え品を変えて、目先を変えてのフライチェンジ。
#20のミッジ・・・見向きもされず

水面を流れる灰色の虫(かな?)にライズしていたので、グレーのスぺントを投げてみるものの反応なし。

それじゃ、大きいフライはどうだ、ということでブラックのマシュマロアントを投げてみたものの、これも見に来ただけ・・・・

何だか、シーズン最後の釣行だというのにボーズの予感がしてきました。

忍野ラストはニジマスでした

何だか、シーズン最後の釣行だというのにボーズの予感がしてきました。次に結んだのは、ダークオリーブの半沈タイプのCDCダン。

ライズを狙って何度か流すと、やっとヒット!!!釣れたのは25cmくらいのニジマスでした。

この後もしばらく粘ってみましたが、フライに興味を持って見に来るもののヒットせず。出勤時間が近づいてきたので、納竿となりました。ラスト釣行なので何とかヤマメをゲットしたかったのですが、まあ釣れたので良しとします。

今シーズンを振り返ると

今シーズンは杉坂研治さんのスクールでミッジの釣りを体験して以降、ほぼミッジで通したシーズンでした。初めてのミッジングでしたが、いいサイズのヤマメを何匹も釣ることができたので、良いシーズンでした。

ただ、なんだかんだと仕事が立て込んでいたため、朝のちょい釣りと帰宅前のイブニング狙いの釣りの回数が少なかったのが残念ですが。

また、今年は自衛隊橋の周辺とS字でしか竿を出せませんでした。来年はもうちょっと広範囲にポイントを探ってみようと思います。

今シーズンも良い釣りをさせていただいた忍野漁協さんに感謝です!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク