フライパターン ~ミッジング用~

フライパターン ~ミッジング用~

サイトフィッシングで、管理人が使用しているフライパターンのうち、#20~#26くらいの小さいサイズ、いわゆるミッジパターンです。主に、忍野で使用しているパターンになります。

ミッジについては、雑誌やWebサイトを見ても、特に名前が付いていないパターンが多くあります。

このページに掲載しているフライのいくつかを、ヤフオク↓↓で販売しています。
https://auctions.yahoo.co.jp/seller/satoshi_ooike_fly?
オークションサイトも見ていただければ幸いです。また、フライパターンやカラー、サイズ変更などのリクエストも受け付けています。

ミッジピューパ (ぶら下がりパターン,カーブフック)

カーブフックに巻いたシンプルなミッジパターンです。マテリアルはスレッドとCDCだけなので、釣行の前日に量産が可能なお助けパターンでもあります。

杉坂研治さんのスクールで教えてもらったパターンです。極細フックにタイイングしているので沈みにくく、またフックシャンクが見えづらいため、魚が違和感なくフライに出てきます。#20~#26のフックにタイイングしています。

ミッジピューパ (ぶら下がりパターン,ストレートフック)

こちらはストレートフックに巻いたミッジパターンです。マテリアルはスレッドとCDCだけです。ボディが確実に水面下に入るように、ポストを前傾するのがタイイングのコツでしょうか。

フックはTMC100、もしくはガマカツのミッジ用フックを使用して、できるだけ軽量になるようにしています。

ミッジピューパ (ぶら下がりパターン-2, ストレートフック)

こちらもストレートフックに巻いたミッジパターンです。ボディにシルバーワイヤーでリブを施しています。リブのワイヤーで水面下の重量が増えたので、ドライフライ用のダビング材でソラックスを作って浮力を補っています。

ミッジラーバ

ボディにラーバレースというマテリアルを使用したミッジパターンです。ラーバレースは色、太さがいくつかラインナップされているので、フックサイズに合わせて選択することができます。このパターンも、ボディが確実に水面下に入るように、ポストを前傾するのがタイイングのコツです。

クラスターミッジ

グリフィスナットという有名パターンを小さめのフックに巻いたパターンです。小さい虫(ミッジ)が水面を流れていくにしたがって凝集した塊(クラスター)を模擬したパータンです。フロータントを施して水面を流すと良い反応が得られます。

ミッジ-1

特にネーミングはありませんが(泣)、ミッジサイズの昆虫に汎用的に対応するパターンです。忍野では、イブニング時に小さな昆虫が飛んでいる状況などで効果的です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク