フライパターン ~忍野用ニンフ~

フライパターン ~忍野用ニンフ~

管理人が忍野で使用しているニンフパターンの紹介です。忍野で使用しているニンフは、特定の虫の幼生を模擬しているものは無くて、タイイングが簡単で量産ができるパターンがほとんどです。

このページに掲載しているフライのいくつかを、ヤフオク↓↓で販売しています。
https://auctions.yahoo.co.jp/seller/satoshi_ooike_fly?
オークションサイトも見ていただければ幸いです。また、フライパターンやカラー、サイズ変更などのリクエストも受け付けています。

ビーズヘッド・ニンフ-1

シンプルなビーズヘッドのニンフで、カーブフックにタイイングしたパターンです。ビーズはブラス製のゴールドとプラスチック製のマルチカラーを使っています。ビーズのサイズの制約上、それほど小さく出来ないので#14~#16をメインにタイイングしています。

ルースニング、アウトリガーのどちらでも使えるパターンです。忍野ではインジケータを付けずに、上流からナチュラルに流し込んでいます。

ビーズヘッド・ニンフ-2

シンプルなビーズヘッドのニンフ、ストレートフックのパターンです。ビーズはブラス製のゴールドを使っています。魚の活性は高いけど水面を見ていない、水中の流下物を食べているような状況で使っています。ゴールドカラーは魚へのアピール度も高いようです。

ボディカラーの使い分けは特にありませんので、カラーローテーションすると魚に見切られることも少ないと思います。

ビーズヘッド・ニンフ-3

シンプルなビーズヘッドのニンフ、ストレートフックのパターンです。ビーズはブラス製のコパーカラーを使っています。ゴールドとコパーの使い分けですが、魚がゴールドカラーに警戒しているな、と思ったときにはコパーを使用します。光の反射が少ない分、警戒されにくいようです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク