釣り場紹介 ~神奈川の自然渓流の紹介~

神奈川県の自然渓流釣り場の紹介ページです

管理人である私がよく行く川、釣り雑誌の情報、友人の情報などを集めて構成しています。

神奈川県で渓流釣りできるの?というイメージがあるかもしれませんが、県西部の丹沢山麓の川にはヤマメ、ニジマスが生息していますので、フライフィッシングが楽しめます。
東名高速を使えば釣り場へのアクセスも楽です。

中津川 ~丹沢のふもと宮ケ瀬湖に流入する相模川支流、丹沢ホーム札掛の近く~

清川村にある宮ケ瀬湖に流入する相模川の支流です。
川へのアクセスは、相模原方面からは宮ケ瀬湖畔からヤビツ峠に抜ける県道70号線を使います。秦野方面からは県道70号線でヤビツ峠を超えるルートになります。

長者屋敷キャンプ場から金沢キャンプ場(2018年現在、営業していないようです)までの区間は、川幅が広く瀬が多い渓相で、フライフィッシング向きです。駐車スペースも無いので、キャンプ場で遊漁券を購入して駐車させてもらい、そのまま入渓すればいいでしょう。

金沢キャンプ場からしおみず橋までは、大きな岩が点在し山岳渓流の様相です。岩の周りや瀬などの好ポイントが続きます。ただ、道路が近くて入渓しやすいため先行者に出会う確率も高くなります。
駐車スペースはしおみず橋付近にあります。縦列で15~20台くらい駐車できますが、ほとんどが登山者で早朝には埋まってしまいます。

しおみず橋から上流に向かう道路には車止めゲートが設置されていて、徒歩でのアクセスとなります。
川幅は狭くなりますが落ち込みのプールや瀬などを丹念に探っていけば良いでしょう。

○中津川の遊漁券、遊漁規則などの情報は、
 中津川漁協の http://www.nakatugawa-gyokyou.jp/ が参考になります。

※丹沢周辺はヤマビルが多くいます。ヤマビルブロッカーなどの忌避剤を必ず携行しましょう。

世附川 ~丹沢湖に流入する酒匂川の支流、水が綺麗で好ポイント多い~

丹沢湖に流入する酒匂川の支流です。以前は川をいくつかに分けて、それぞれの区間を占有できる形態の管理釣り場でしたが、平成22年の台風で大きな被害を受けて以降は営業を中止しています(再開に向けて検討中のようです)。
ですので、現在は他の川と同様、遊漁券を購入して入渓することとなります。最近は放流していない模様ですが、自然産卵した個体が生息しています。
ただ、昔の名残りなのか、旧管理棟の前に自分が入渓するポイントを表示しておくマグネットボードがあります。入渓点を他の釣り人に知らせて、ポイントをシェアするシステムのようです。

車止めゲートの少し上流にある「あさせ橋」からが釣場になります。
左岸に流入する支流の大又沢は小さな段差と堰堤があり、プールではライズが見られることもあります。
石の周りや段差などのポイントにこまめにフライを投入すると、良い結果が期待できる川です。

本流は落ち込み、瀬、トロ場、水深のある早瀬などの好ポイントが多くあります。こちらの大又沢と同様に、ポイントを丹念に探ると良いでしょう。

かなり上流部まで魚はいるようですが、クマが時々、出没するようなので、クマよけの鈴を携帯したほうがいいでしょう。

○世附川の釣り場、遊漁券、遊漁規則などの情報は、
 酒匂川漁協の http://www.sakawagawa-gyokyou.jp/index.html が参考になります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク